国民健康保険と人間ドックの関係とは

住んでいる地域により国民健康保険に加入している事で人間ドッグの費用を一部だけ負担してくれる市区町村もあります。
※ ただし、負担してもらうには条件があります。
(以下参照)■対象となる年齢は35才以上です。
■国民健康保険料を今までちゃんと納めている人です。
■人間ドックの費用負担が出来る人数は決められていて定員が設けられています。
■更に申請手続きする期限も決められています。
■更に申請者が多い場合は、抽選により選ばれることになります。
国民健康保険側でも、病気になって治療費をたくさん使われるより、病気にならないで健康にいてくれる方が良いに決まっていますよね。
そうすれば自治体の医療保険負担も軽くなります。
そのため被保険者が支払う保険料も安くなると思います。
健康の為には日頃の食生活と適度な運動が大切である事はいうまでもありませんよね。
更に定期的に検査で、もしも病気があるのなら早期発見し早期治療することですね。
(笑顔)(笑顔)。
人間ドックでは普段の健康診断では行わない様な細かい検査まで行うことになります。
(汗)検査を定期的に受けると、普段は気がつかない自分の体の変化にも気がつくことが出来ますよ。
(笑顔)。
こういった制度を上手く利用してください。
医療保険は必要ない?健康保険との違い!【国の保障だけでOK?】